http://ap-asp.com/ad/7741/769713

移動、遊び、泊まる キャンピングカーの薦め

キャンピングカー

移動、遊び、泊まる キャンピングカーの薦め
  • http://ap-asp.com/ad/7741/769713
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
http://yuga-asp.com/ad/116/711242

キャンピングカー、部屋ごと出かける感覚って最高に便利じゃないですか、宿泊先の予約もいらないし、料金だってほぼ0円で、なんてこともできちゃいます。

・ペットと一緒の旅行でもペット同伴OKの宿泊施設を探す必要もありません。
・コンサートや、テーマパーク、釣り(釣った魚もその場で調理できます)などへ出かける時も宿泊の事も気にせずに行けます。
・少人数なら、車内パーティなんかもできちゃいます。
・ビジネスの移動事務所としても使えます。短期の出張なら宿泊施設の代わりになり、経費の削減にもなります。

最新 キャンピングカーショー2017


・キャンピングカーって言えば、まず、アウトドア-の定番キャンプだって、テントいらずで楽しめちゃいます。

キャンピングカーで泊る場所は・・・

車中泊など、駐車中は、近所の住民の方、他の利用者や、施設に迷惑がかからないことを最優先で注意してください。エンジンかけっぱしとか発電機を回すとかの騒音、ゴミや、車内トイレ、汚水タンクの処理は絶対にしないように、長期に駐車滞在はしない、駐車中複数の駐車スペースを占拠したり、オーニングを開くなどのキャンプ行為、BBQなどの行為は絶対にダメ!!これ、常識ですよね

車中泊に利用できる場所

道の駅、最近はキャンピングカー専用スペースやシャワー施設等が設置されているところが増えています、トイレも24時間利用できます、地元の食材なんかも手に入れることができます。でも、専用スペースがあるからってキャンプ施設ではありませんのでキャンプ行為は絶対にダメ!!

観光地の無料駐車場も便利です。

高速道路のパーキング、サービスエリア 長距離の時には便利です、こちらも24時間トイレが利用できます、シャワー等も利用できるところもあります。

オートキャンプ場も、キャンプしなくても利用できます、ただし、入れる時間帯等が決まっている場合もありますのでご注意を。


キャンピングカーの種類

------------------------------------

------------------------------------

バンコンバージョン ワンボックス車などの内装、屋根等を加工して架装したもの。バンコンと呼ばれる。キャンピングカーを自作する場合もベース車両としてワンボックスが使われます。




キャブコンバージョン キャブ付きのシャーシに架装したもの。トラックを改造したものが多い。通称キャブコン、キャンピングカーと言われて思い浮かぶのはこのタイプという方が多いと思います。



バスコンバージョン マイクロバスなどのバスに架装したもの。バンコンの大型タイプです。通称バスコン。

フルコンバージョン 専用のシャーシに架装したもの。内装、外装を最初からキャンピングカー専用として造られるタイプ。通称フルコン


軽キャンパー 軽自動車をベースにしたキャンピングカー、おもにワンボックスタイプの軽キャンパーが大人気!!。軽ワンボックスは自作キャンパーのベースとしても人気があります。


キャンピングトレーラー 箱型の居室に生活に必要な装備を一通り整えたトレーラーを言う。自走することはできないために、牽引するための車が必要、総重量750kgまでならけん引免許は要らない。




その他のキャンピングカー

トラックキャンパー(ピックアップキャビン)

トラックキャンパー、略してトラキャンという呼び方の方が定着しているかもしれません。
あるいはピックアップキャビンという呼び方もあります。
この形態のキャンピングカーは、文字通り、トラックやピックアップの荷台に居住部(シェル)を積んだものです。

居住部は基本的に積み下ろしができ、積載物と見なされます。
単に荷台に積んだ積載物ですので、運転席、助手席から居住部へは貫通しているわけではなく、居住部に行くには、一度クルマを降りて、改めて居住部のエントランスから入ります。

トラックキャンパーの優位点は、必要な場合だけ居住部を積んで出かけられることです。
日常は居住部を下ろして、トラックやピックアップとして使用できます。
ベース車を変更しても、サイズが同じなら、居住部はそのまま使えます。

ただ、居住部はそれなりに大きさ、重量がありますので、簡単に積み下ろし、と言うわけにはいきませんので、結局は積んだままになっている場合が多いようです。

デメリットは、キャブ部からシェル部に移動できないことです。
雨の日などは、いちいちクルマの外に出なければなりませんので、ちょっと面倒です。
また、走行中はシェル部に乗れません(法律で禁じられています)ので、乗車人数がベース車の乗車人数に限られてしまいます。軽トラックなら2名しか乗車できません。

そこで、見た目は同じようにトラックの荷台に居住部を積んでいるのですが、固定してしまって、積み下ろしはできないようにして、8ナンバー登録しているモデルもあります。
この場合は、キャブの後ろの壁を貫通させて、居住部に行き来できるようにしています
また、走行中もシェル部に乗車できますので、乗車人数はシェル部を含めた人数になります。

トラックキャンパーは、国内では、あまり製作しているビルダーは多くありません。
2015年現在では、M.Y.Sミスティックのみです。
ただ、同社からは、多くのラインアップが発売されていますので、好みのものを選ぶことができるでしょう。

特に、軽トラックベースのものは人気があり、エレベーションルーフを持つモデルは、ルーフを上げると一気に室内が広くなり、軽キャンパーとは思えない室内空間を実現しています。


出典 http://hiroron-affilidream.com

乗用車ベースキャンパー

通常のミニバンなどの内装を変更して、フルフラットベッドやギャレーを装備したキャンピングカーです。
冷蔵庫までも搭載しているモデルもあれば、純正のシートを倒してフラットにし、その上にベッドマットを乗せただけのものもあります。
純正のシートを倒して、市販のベッドマットを敷くだけならユーザーでもできますが、これも最もシンプルなキャンピングカーかもしれません。

乗用車ベースキャンパーのメリットは、以下のようなものが上げられます。
・外観が普通のクルマ
・運転性能、乗り心地が良い
・比較的安価
・今乗っているクルマにも施工できる

「キャンピングカーは、大袈裟になってしまい、日常乗りには不便だし、目立ってしまう。また、商用車ベースなので、乗り心地も悪いし安っぽい。」という理由が多いようです。将来的に本格的なキャンピングカーを購入する前の車中泊経験車としても最適でしょう。

スペース効率の問題は、ポップアップルーフである程度解決できます。
ポップアップルーフを付けることにより、天井高が格段に高くなり、居住性がアップします。
また、ポップアップルーフを利用したルーフベッドで就寝することもできます。
ギャレーがあれば8ナンバー登録も可能です。

もう一つ大きな選択理由があります。
それはハイブリッド車が選べることです。
ハイブリッド車のメリットは燃費がいいことはもちろんですが、キャンピングカーとして見た場合、巨大なサブバッテリーを積んでいる、とみなすことができます。即ち、エンジンを止めていても、エアコンや電気製品を使うことができるわけです。

このように、ミニバンをベースにしたキャンピングカーは増加の傾向にあり、特にハイブリッド車ベースのモデルは注目を集めています。

ミニバンではなく乗用車をベースに架装したモデルもあります。
古くからあるのはハイルーフを架装したもの、ルーフをカットしてハイルーフを乗せます、乗用車ながら高い天井高が得られます。

最近ではハイブリッド車のプリウスを架装したモデルもあります。
燃費が良いし乗り心地も良い、と言うメリットの他、先ほどのように大容量バッテリーの恩恵もあります。
例えば、エンジンを動かしていなくてもエアコンが使えますので、本来のキャンピングカーでも難しいエアコンの長時間使用もできてしまうわけです。


ルーフテント

オーバートップテントとも言われているもので、普通のクルマやミニバンの屋根上に折り畳み式の居住部(テント)を積載するものです。
通常この形態はキャンピングカーの分類には含まれませんが、現実には広い意味でキャンピングカー、あるいは車中泊車でしょう。

ルーフテントは、クルマのルーフレールを利用して、ルーフキャリーと同じ方法でルーフに固定します。
就寝時は、上部を開くと、ベッドスペースが出来上がります。

最近では、ルーフテントと車両を組み合わせて販売している例もあります。
また、ベース車のルーフを加工したり、サンルーフを利用して、直接ルーフテントに入れるようにしたモデルもあります。
ただし、このような場合でも、車検時はルーフテントを降ろす必要があります。ルーフテントの優位点は、どのようなクルマにも取り付けられる点で、今所有しているクルマがキャンピングカー(車泊カー)になります。
また、畳んだ状態では車高が低く抑えられますので、車高制限のある駐車場にも難なく入ることができます。
そして、コストは、キャンピングカーを購入することに比べ、かなり安価に設置できます。

通常はクルマのサイドからハシゴをかけてルーフテントに出入りします。
つまり、すぐ隣にクルマが駐車していると使うことができません。
なお、荷台からハシゴをかけたり、ルーフ加工をしたり、サンルーフから出入りできるようにしたモデルなら、その心配はありません。


究極のキャンパー トレーラーハウス(随時移動できる状態の場合) お手軽にっていうわけにはいかないけど・・・最近はこれを利用した施設、店舗なんかも増えてます、災害時の仮住宅とかにも利用できますね。

自走ができないので、トレーラーなのですが、キャンピングカーと言うよりは家に移動用のタイヤを取り付けたものと考えた方が良いです。

道路運送車両法でいうトレーラ・ハウスとは

平成24年12月に「トレーラ・ハウスの運行に関わる制度改正」が行われ、用語を定義した上で基準緩和の申請ができる自動車として追加されました。
用語の定義によるトレーラ・ハウスとは、住居、店舗、事務営業所、公共施設等として使用する為の施設・工作物を有する被けん引自動車であって、その大きさが保安基準第2条の制限を越えているものを言います。
保安基準第2条の制限を越えているものとは
車幅2500mm、車高3800mm、車長12000mmを超えたもの
道路運送車両法第4条及び第58条では、公道を走行するには自動車登録証の交付を受けなければならない。としておりますが、保安基準第2条の制限を越えているものは原則として自動車登録証の交付は受けられません。
その為、今まで保安基準第2条の制限を越えたトレーラ・ハウスの運行は出来ませんでしたが、基準緩和の認定を受け合法的に運行できるようになりました。
保安基準第2条の制限を越えている被けん引自動車が基準緩和の認定を受け特殊車両通行許可を取得して運行した場合、それを「トレーラ・ハウス」と言います。
保安基準第2条の制限を越えていないものは、道路運送車両法第4条及び第58条により、「公道を走る場合は自動車登録証の交付を受けなければならない」とされており、車検の取得が必要です。
保安基準第2条の制限を越えない被けん引自動車で、居住する為のキャンピングトレーラ・ケータリングトレーラ(加工車)・オフィストレーラ(事務室車)コンセッショントレーラ(販売車)・トイレトレーラ(糞尿車)等のものを総称して車検付トレーラと総称します

出典 http://www.trailerhouse.or.jp

建築基準法第2条第1号で規定する建築物に該当しない条件

随時かつ任意に移動できる状態で設置すること。
土地側のライフラインの接続方法が工具を使用しないで着脱できること。
適法に公道を移動できる自動車であること。

自動車等(適法に公道を移動できるトレーラーハウスを含む)が土地に定置して、土地側の電気・ガス・水道等と接続した時点で建築基準法の適用を受けます。
逆に土地側のライフラインと接続しない場合、自動車として扱われ、建築基準法の適用を受けません。

出典 http://www.trailerhouse.or.jp

建築基準法上のトレーラーハウスとは

平成25年日本建築行政会議の中の「車両を利用した工作物」に書かれている設置方法に準拠します。
「車両を利用した工作物」の項には、建築基準法第2条第1号で規定する建築物に該当する例が書かれている為、逆説的に解釈し建築物に該当しない設置方法をとった場合、トレーラーハウスとして建築基準法の適用を受けないものになります。
建築物に該当する例(建築基準法の適用を受けるもの)
随時かつ任意に移動することに支障のある階段・ポーチ・ベランダがあるもの
給排水・電気・ガス・電話・冷暖房等の設備配線配管をトレーラーハウスに接続する方式が工具を使用しないで取り外すことができないもの
車輪が取り外されているもの、走行するに十分な状態に保守されていないもの
設置場所から公道に至るまでの通路が連続して確保されていないもの
トレーラーハウスとは単に車輪が付いていればいいのではなく、公道を走行できる安全性を備えており、かつ道路運送車両法で定められている車両(自動車)であることが重要です。

出典 http://www.trailerhouse.or.jp

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
1
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

ピックアップ!

ピックアップ!

http://ap-asp.com/ad/7741/769713

カテゴリー

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ