http://ap-asp.com/ad/7741/769713

キャンピングカー等での長距離ドライブで車中泊、仮眠に利用できる、RVパーク、道の駅 まとめ

キャンピングカー

  • http://ap-asp.com/ad/7741/769713
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
http://yuga-asp.com/ad/116/711242

疲れたら仮眠をとって安全運転で。

マナー厳守への呼びかけ
最近、「道の駅」や高速道路のサービスエリア・パーキングエリアなどの公共の駐車場で、不当に長く滞在していたり、生活ゴミを不当投棄するキャンピングカーユーザーを退去させようという声が、駐車場の管理者およびメディアの一部から流れてくるようになりました。

多くのキャンピングカーユーザーは、公共の駐車場において、一般の方々の迷惑となるような行動を慎んでいると理解しております。 しかし、ごく一部であっても、このようなマナー違反を犯す方々が今後も出てきた場合は、キャンピングカーを締め出そうという世論が急速に盛り上がっていくことも予想されます。

そうなった場合、いま良識を守って「くるま旅」を楽しんでおられる多くのユーザーにも、窮屈な思いをさせることになるでしょう。

現在、くるま旅を楽しまれている方々には、最低限、以下のことを守っていただくよう、日本RV協会(JRVA)からお願いいたします。

公共駐車場でのマナー厳守10ヵ条

長期滞在を行わない
道の駅や高速道路のSA・PАなどは宿泊施設ではないので、そこにおける休息は、必要最小限の仮眠にとどめ、連泊・長期滞在を行なわないようにしましょう。また、キャンピングトレーラーを公共の駐車場に放置して、むやみにヘッドのみで遠出をするようなことは避けましょう。

キャンプ行為は行わない
道の駅やSA・PAなどでは、たとえ短時間の休息であっても、オーニングを広げたり、椅子・テーブル・バーナーなどを車外に持ち出して、キャンプ場のように利用することはやめましょう。また、周囲に配慮し特に早朝・夜間の大きな話し声や生活音に注意しましょう。

電源から電気を盗まない
許可なく公共の電源を使用しない
許可なく公共の電源にキャンピングカーを接続し、その電源を利用することはやめましょう。

ゴミの不当投棄はしない
旅行中や移動中に発生した生活ゴミは、ゴミ箱があっても投棄することはやめましょう。また食器などは使い捨てのモノは避け、基本的にゴミは持ち帰ることを心がけましょう。

トイレ処理は控える
公共駐車場では、カセットトイレやポータブルトイレの処理は控えましょう。

グレータンクの排水は行わない
生活排水用のグレータンクの処理も、その場で垂れ流したり、側溝に流したりしないように心がけましょう。また、施設に許可なく給水することはやめましょう。

発電機の使用には注意を払う
公共駐車場における発電機の使用は、時と場合を充分に考慮し、他の利用客が休息している時や近所に民家があるような場所では、使用しないようにしましょう。

オフ会の待ち合わせは慎重に
オフ会やクラブミーティングで公共駐車場に集合する場合は、他の利用客から駐車場を占拠して騒いでいると誤解されないように振る舞いましょう。

車椅子マークの所に駐車しない
道の駅や高速道路のSА・PАにある車椅子マークの駐車スペースには、健常者のみが乗車している場合は駐車しないようにしましょう。

無駄なアイドリングをしない
無駄なアイドリングによる排気ガスの流出や騒音は、大気汚染や地球温暖化にも悪影響をもたらすので、エンジンストップを心がけECOドライブを行いましょう。

以上のことは、公共駐車場を使用する利用者のマナーとして 最低限守っていただきたく思います。

出典 http://www.jrva.com

・車中泊で一番のオススメは、高速道路のPA(パーキングエリア)やSA(サービスエリア)です。

高速道路には、料金所を通過しないと入れないため、どこの誰が来るかわからない一般道よりは安全性は高いといえるでしょう。

休息する(寝るため)ためだけに高速に乗っても、ホテルに泊まることを考えたら格安です。ただし、高速道路のPA(パーキングエリア)やSA(サービスエリア)は休憩施設であり、宿泊施設ではありません。休息が終わったらすみやかに立ち去りましょう。

SA(サービスエリア)は夜間も開いているコンビニがあって便利ですが、トラックの往来や、トラックのエンジン音がうるさく眠れない場合もありますので、止める場所に注意しましょう。

PA(パーキングエリア)は夜間はトイレと自販機くらいしかないので静かですが、寂しくてちょっと怖い場合も・・・。本やネットで事前に調べておくと良いでしょう。


・次によく利用されているのが道の駅、一般道に作られた休憩施設で、24時間開放されている駐車場やトイレ、売店(夜間は自動販売機のみ)のある施設で、全国に1000箇所以上あります。高速道路のPA(パーキングエリア)のようなものです。

車中泊がここまで市民権を得ることが出来たのも、この道の駅の存在が大きいと思います。一般道に24時間無料で使える駐車場やトイレがあるのは心強いです。

施設が営業中の場合なら、その地域ならではの産直野菜や、場所によっては温泉を併設している場所もあるので非常に楽しめる場所です。

道の駅は、誰でも入れる場所なので防犯の面では高速道路のPA(パーキングエリア)やSA(サービスエリア)ほど安全ではないですが、利用者の多い場所であれば安心感があります。注意点としては、タイヤ痕(ドリフト痕)の有無。タイヤ痕が沢山ある道の駅は、暴走族の溜まり場になっている場合があり注意が必要です。

トラックが多いとうるさい反面、安心感もあります。

高速のSAやPAと同じく、道の駅は休憩施設であり、宿泊施設ではありません。休息が終わったらすみやかに立ち去りましょう。


・はじめて行った土地で、近くに高速も、道の駅もない場合、コインパーキングも利用できます。お金がもったいないから適当な空き地で車中泊・・・と考えるかもしれませんが、誰が来るか分かりませんし、トラブルのもとです。

目的地から離れていたとしても、お金を払って堂々と停めたほうが安心安全だと思います。夜間は料金が安くなりますし、特に地方のコインパーキングは格安です。

当たり前ですが、コインパーキングは車を止める場所なので、止めたらさっさと寝てしまうのが良いですね。


・地方のコンビニは駐車場が広い場合があり、24時間のお店やトイレがあるので車中泊にはとても心強い場所です。

ただ、コンビニの駐車場は買い物客のための駐車場であって、宿泊や休憩施設ではありません。長時間駐車はトラブルの原因になりますので、必ずお店の人に一声かけてから。

営業の邪魔にならない場所(入り口から離れた場所)に駐車し、駐車代のつもりでそのコンビニで買いものをするようにしましょう。

車中泊のメリット

1:節約
車中泊の一番のメリットではないでしょうか。
オートキャンプ場や有料駐車場でなければ宿泊費がかかることがありません。
宿泊代は大きな負担となります、車中泊にすれば宿泊費の負担を減らせる可能性もあるため、その分、旅行に行く回数を増やすことができたり、食事等を一ランク豪華に楽しめるかもしれません。
ただし、どこに停めても寝られる車中泊ですが、場所によっては車中泊のための長時間駐車を禁止している場所もあるので、ご注意ください。

2:時間や場所の自由
宿泊する場合チェックインとチェックアウトの時間、朝食や夕食の時間が決まっています、車中泊に場合は、目的地の営業時間が決まっている場合や自分の都合上の理由がある場合は別ですが、時間について誰かの都合に合わせなければならないことは少なくなります。宿泊場所だって、今停めている場所や景色や気に入らなければ、移動すれば良いのです。
車中泊であれば、すべて自分次第。満天の星空の下で寝たければ、そういったスポットに移動できてしまいます。

3:行動がしやすい

家族や友人と旅行に行った時、自分は起きたのに、家族や友人が寝ていて移動することができず。準備できた時には昼を過ぎていた、なんてことがありませんでしたか?そんな時でも車中泊だと起きればシートベルトさえ着用してもらえば、周りが寝ていても行動開始できます、ですので早朝出発なんてこともオススメします、早朝からでも開いてたり、営業時間がない観光スポットであれば、ほとんどの場所がガラガラなことが多く絶景が楽しめる場所や広大なお花畑に自分以外には誰もいない、人気スポット独り占めができるかも。それは、極上の満足感を与えてくれるかもしれません。

デメリット

1:窮屈さと寝心地
少し大きめの車であればさほど感じないかもしれませんが、軽自動車だと、人によっては少し窮屈かもしれません。
手足を伸ばして、広々というわけには当然いきません。
荷物が多かったりすると尚更、圧迫感がでてきると思います。
また、当然ふかふかのベッドで寝るわけではないので、寝心地も良くはありません。

2:安全面
いくら日本とはいえ、少し怖いですよね。
通常、車中泊では外から見えないように窓を覆いますが、逆もまた然り。
覆ってしまえばマジックミラー等でない限り、車内から外を確認することができません。

3:トイレや洗面・お風呂
きちんとしたキャンピングカーでない限り、これは車内では厳しいですね。
トイレは携帯用のものもありますが、男性はまだしも女性は気がひけると思われます。
しかし、サービスエリアであれば24時間いつでもトイレは利用できるのでオススメです。
気持ち的に問題がなければ、サービスエリアで洗面や歯磨きをすることだってできます。
お風呂に関しても温泉巡りを一緒に合わせれば、一件落着。

4:暑さと寒さ
季節の影響をもろに受けてしまうのは仕方ありませんね。
ただし、暑さ対策も寒さ対策も、それ用のグッズがありますから問題はないでしょう。
最近の便利グッズであれば暑さ・寒さはほとんど関係ありまえん。


車中泊の心得

車中泊は、車で移動し車に泊まるものです。
そして、自動車を動かすのに必要なものは「燃料」です。
ガソリンや電気という燃料がなければ、自動車は動かないので、単なる雨宿りのための箱と同じですので、燃料の確保には注意を払うべきでしょう。
また、天候などの災害で道路が通行止めになれば移動はできません。
ですので、車中泊に行く前に、今から出かける地域の台風や大雨等の天候情報について、しっかりと情報収集しましょう。
ということで、できるのであれば、常に近場のガソリンスタンド等を把握しておくことが大事となります。
最悪の場合、携帯電話と水があればなんとかなりますので、人力や太陽光で充電できる充電器は用意しておくことも大事でしょう。

長距離ドライブでの、車中泊、仮眠、休憩に利用できるRVパーク、道の駅をまとめてみました。 順番はランダムです。

駐車中は、近所の住民の方、他の利用者や、施設に迷惑がかからないように注意してください。エンジンかけっぱなし、とか発電機を回すとかの騒音、ゴミや、車内トイレ、汚水タンクの処理はしないように、長期に駐車滞在はしない、駐車中複数の駐車スペースを占拠したり、オーニングを開くなどのキャンプ行為、BBQなどの行為は絶対にダメ!!また、道の駅(SAPAも同様)では、宿泊を目的とした駐車場の利用は認められていません(国土交通省見解)。ですから「車中泊」はできません。認められるのは、あくまでも交通安全のための仮眠までです。特に車中泊禁止をしている道の駅では、やむを得ない場合以外はたとえ仮眠であってもできるなら避けた方が無難かもしれません。

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
1
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

ピックアップ!

ピックアップ!

http://ap-asp.com/ad/7741/769713

カテゴリー

月別アーカイブ

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。