http://ap-asp.com/ad/7741/769713

着目ワード「バンコン キャンピング」について書いてみた!

キャンピングカー

着目ワード「バンコン キャンピング」について書いてみた!
  • http://ap-asp.com/ad/7741/769713
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
http://yuga-asp.com/ad/116/711242

バンをコンバージョン(改造)したもの???

『バンコン』とは、ハイエースやキャラバンなどのバンをコンバージョン(改造)したもの。おそらくみなさんがキャンピングカーと言われてはじめにイメージするであろうキャブコン(トラックの運転席部分(キャブ)をコンバージョンしたもの)とを比較しながらバンコンの魅力から種類や選び方に迫ります!
人気のキャンピングカー、キャブコンとバンコンの違いとは

一般的なキャンピングカーのイメージであろうキャブコン。その魅力は、なんと言っても室内の快適性につきます。大人が立って歩くことのできる広い室内や、夏場でも車内の温度が外気とさほど変わらないというボディの断熱性能の高さなど、まるで家がそのまま走っているような印象があるのがキャブコンです。

しかし、キャブコンはベース車がトラックであるため、どうしても高速道路での100km/h巡行が難しかったり、山道ではベタ踏みでも登坂車線がないと心配など「走行性能」に不安がある点があげられます。また他に街乗り用の車がない場合、日常生活すべてをこれ一台で網羅するのは気が引ける、駐車スペースを選ぶなどの「大きさ」にも弱点があるのが少々難点です。
それに対してこのようなバンコンは、一見するとキャンピングカーとは分からない見た目や安定した走りが魅力であり、立体駐車場にも入る高さのものもあるなど、日常生活でも無理なく使えるという点が最大の利点です。しかしその利点は裏を返せば居住空間が若干狭く、荷物の収納スペースに限りがあるなどの弱点ともなっています。

とはいえ、日常生活にも活用することを考えると使い勝手という点で、現在日本ではキャブコンよりもバンコンが人気となっているようです。

キャンピングカーには、8ナンバーのものや3ナンバーのものなどナンバーによる違いがあるのをご存知でしょうか?

8ナンバーは特殊用途車両という扱いになり、
①登録のためには天井高1.6m以上のギャレー(キッチン)を装備していること
②乗車定員の1/3以上の就寝スペースを確保していること。
という構造要件を満たすことが必要となります。

3ナンバーにはそのような構造要件はありませんが、平成29年7月以降は法改正により横向きシートが座席として認められなくなります。

これにより、よく使用されている定員10名のワゴン車では横向きシートを使用すると定員10名分の座席を確保できなくなるため、人気のコの字型ダイネット(ダイニング)のレイアウトは新規登録できなくなり、今後各社のレイアウトに変更が出てくると思われます。

まとめると・・・

8ナンバー:構造要件をクリアすれば座席などレイアウトの自由度が高い。税金面で3ナンバーよりも少しお得。任意保険が割高で利用できる保険会社も少な目。今回の法改正の対象とならないためコの字型ダイネットも引き続きレイアウト可能。

3ナンバー:平成29年7月の法改正で横向きシートの使用が不可となるため、今後レイアウトに制限がでるものと予想される。税金面での優遇はないものの、任意保険は通常の車と同じとなるので選択肢が広い。

キャンピングカーは、眠れればいい。という方は車中泊タイプの3ナンバーを、キャンピングカーだから装備は色々ほしい。という方は8ナンバーを。というようにどんなキャンピングカーが自分の理想に合うかで検討するといいでしょう。

まずは、ベース車を知ろう!

キャンピングカーを見に展示会に行ったりカタログを見たりすると気になるのが「ハイエースSL」などのベース車についての情報です。これは「ハイエース スーパーロング」の略ですが、じつはこれだけ見ればサイズが分かるため、目につく場所に記載されているのです。

駐車場のサイズや、求めるレイアウトなどから自分の欲しいキャンピングカーのサイズをイメージしたら、あとは以下のベース車のサイズをもとにふるいにかければ自分にあったキャンピングカーが見つけやすくなるはず。
是非参考にしてみてください。

1.トヨタ ハイエース
バンコンのベース車で最も多く使用されているのがトヨタのハイエース。サイズにより展開は4種類。

① ロングバン 標準ボディ 標準ルーフ
全長:4695㎜ 全幅:1695㎜ 全高:1980㎜(ジャストロー使用は50㎜高め)

② ロングバン ワイドボディ ミドルルーフ
全長:4840㎜ 全幅:1880㎜ 全高:2105㎜

③ ロングバン 標準ボディ ハイルーフ
全長:4695㎜ 全幅:1695㎜ 全高:2240㎜(ジャストロー使用は50㎜高め)

④ スーパーロングバン ワイドボディ ハイルーフ
全長:5230㎜ 全幅:1880㎜ 全高:2285㎜

2.日産 キャラバン
最近ではエマージェンシーブレーキ搭載モデルが登場し、遠出の多いキャンパーにはうれしいところ。

① ロングボディ 標準ルーフ 標準幅
全長:4695㎜ 全幅:1695㎜ 全高:1990㎜(バン、ワゴン共通)

② スーパーロングボディ ハイルーフ 標準幅
全長:5080㎜ 全幅:1695㎜ 全高:2285㎜(バン、ワゴン共通)

③ スーパーロングボディ ハイルーフ ワイド幅
全長:5230㎜ 全幅:1880㎜ 全高:2285㎜(バン、マイクロバス共通)


3.トヨタ ライトエース
コンパクトなライトエースベースのキャンピングカーも最近増えており、取り回しが簡単な点が魅力です。

全長:4045㎜ 全幅:1665㎜ 全高:1900㎜

4.三菱 デリカD:5
少し個性的なベース車であるデリカD:5の魅力は悪路での走破性の良さ。雪道でも安心です。
全長:4695㎜ 全幅:1695㎜ 全高:1990㎜

5.日産 バネット
ライトエースのライバル車。後輪駆動のライトエースに対し、バネットは前輪駆動であるのが特徴。燃費はバネットに軍配があがるものの、キャンピングカーのベース車としてはまだまだ珍しい。
全長:4400㎜ 全幅:1695㎜ 全高:1850㎜

以上が代表的なベース車のサイズとなりますが、各キャンピングカービルダーによる架装が施されることでサイズが変化してきますので駐車スペースを確保する際には完成後のサイズでのチェックが不可欠です。


【コンパスビッツ】 ポップアップルーフを装備したハイエース標準ボディ

バンコンキャンピングカー標準ボディサイズだから、狭い道や市街地もすいすい乗りこなせる新しいキャンパー。

◆リビング
ビッツのシートは進行方向、対座、フルフラットと向きを変えることが可能です。お食事、団らんなど、シーンに合わせてアレンジ下さい。

◆リヤベッド
最大値1,560×1,200mmの常設ベッドは、お子さんや小柄な方ならゆったりと寝られる安心サイズ。車両前方のダイニングスペースとも別れているため、家族各々の時間をお楽しみいただけます。

◆ポップアップルーフ&テント
ホワイトハウスのポップアップルーフは安心の国内自社工場で製作・取付をしています。左右に取り付けられたガスダンパーのおかげで、女性でも開け閉めOK。大人2名が就寝可能(ベッドサイズ: 1,850×1,380 ㎜)室内最高1800mm以上と、着替えや調理など楽に行えます。

※ポップアップルーフ&テントは「コンパスビッツ」の装備となります。「コンパスビッツ・ハイルーフ」には装備されません。
※オプションでルーフ埋め込み型ソーラーパネル、電動サンルーフの取付も可能です。


【コンポーザー】NV350キャラバン標準ボディにハイルーフ架装したバンコンキャンピングカー

ORIGINAL HIGH ROOF
オリジナルハイルーフ
NV350(キャラバン)専用のFRP製ハイルーフを新設計。
室内空間、特に天井高をしっかり確保。
空力特性を考えた上にルーフ上のソーラーパネルや
スカイライトルーフが目立たないようにデザインしました。
ルーフを新設計したのには理由があります。
NV350のナローハイルーフ車はスーパーロングのみの設定。
その全長は5mを超えています。
一方、ハイエースのナローハイルーフは 全長が4.7m以下なのですが
室内高さが1590mmと少し窮屈感があります。
全長4.7m未満で室内高がゆったり取れる車体は
このANNEXオリジナルの
FRPハイルーフでしか実現できないのです。


【レム セカンドアクト】 独立したベッドルームを持つハイエースバンコンキャンピングカー



今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
1
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

ピックアップ!

ピックアップ!

http://ap-asp.com/ad/7741/769713

カテゴリー

月別アーカイブ

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!